「コード短絡保護用瞬時遮断機能」と「高遮断機能」が標準仕様となりました【スタンダード住宅用分電盤】
コード短絡保護用瞬時遮断機能(JWDS0007)※
コード短絡保護用瞬時遮断機能イメージ図電源コードが家具などにはさまれたり、折り曲げられたりして劣化すると、被覆がむけて短絡(ショート)することがあります。このような状態になると、極めて高い熱が短絡箇所から発生し、電気火災を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。
コード短絡保護用瞬時遮断機能が付いた住宅用分電盤なら、コード短絡時の短絡電流を検知して瞬時に電路を遮断するので安心です。

「内線規程」における関連事項
内線規程では、電気製品のコード短絡による火災発生を抑えるため、コンセント回路には「コード短絡保護機能付ブレーカ」を使用することが「勧告事項」となりました。
3605-4 分岐回路の開閉器及び漏電遮断器の取付け
(中略)
5.「分岐回路用過電流遮断器の種類」
住宅の分岐回路用過電流遮断器は、次によること。(勧告)
(中略)
②コンセントを有する回路(据置型の大型電気機械器具等への専用回路のものを除く。)に施設する前号の配線用遮断器にはJIS C 8211(2004)「住宅及び類似設備用配線用遮断器」に適合するコード短絡保護機能を有するものを使用すること。

(内線規程内線規程JEAC 8001-2011より引用)

コードの短絡が火災につながるワケ

電気が決められた道順(回路)を通らずに、裸の銅線と銅線が接触した部分を近道して流れることを短絡(ショート)といいます。コードが短絡すると、電気回路の抵抗がほとんどゼロとなるため、非常に大きな電流が流れます。この状態が続くと、火花が出たりコードが燃えたりして火災の原因となるため、極めて危険です。

姓常時の電流と短絡時の電流の図解
高遮断機能(JWDS0007)※
電線が短絡すると、極めて大きな電流が流れる恐れがあります。高遮断機能付住宅用分電盤なら、そんなときでも余裕をもって対応できるよう定格遮断電流が高く設定され、短絡時の保護範囲が拡大されているので安心です。 高遮断機能の定格
主開閉器 分岐開閉器
定格電流 定格遮断電流 定格遮断電流
30A以下 2,500A 2,500A
30Aを超え100A以下 5,000A
100Aを超え150A以下 10,000A
 
*一般社団法人日本配線システム工業会の規格番号を表します。 JWDS0007…住宅用分電盤/ JWDS0007-付1…過電流警報装置付住宅用分電盤/ JWDS0007-付2…感震機能付住宅用分電盤/ JWDS0007-付3…避雷機能付住宅用分電盤
 
スタンダード住宅用分電盤 | 高機能住宅用分電盤 | その他の住宅用分電盤のバリエーション


住宅盤専門委員会topへ
日本配線システム工業会ホームページはこちら
〒103−0005 東京都中央区日本橋久松町13番4号 第11村上ビル4階
пF03−5640−1611